2015年04月30日

韓国って変

安部首相がアメリカで演説を行った。アメリカは経済的にも安全保障的にも大事なパートナーであるからだし、いままで演説があまり行われてこなかったほうが問題なほどなのだ。
この演説はアメリカと日本に対するものであると考えるのが普通だろう。
はっきりいって、貿易や文化交流などもアメリカに貢献しているのは韓国よりも日本じゃないのかという気もする。

で、韓国がどうしてて出てこなくてはならないのか。
アメリカに対する演説に、韓国のことをどうして出さなくてはならないのか。そのほうが異常ではないか。
韓国ではも関係のない国で日本のことを非難しているので、どこの国でも主張するのが当たり前だと思っているのかもしれないが。

おわびをしろという。
日本は、歴代総理が過去40回以上もおわびを口にしている。

補償しろという。
日本は、公的にも民間的にも何億ドルものお金を渡しつづけているし、それでてきた女性のための基金があるはず。それで韓国とはこの問題の決着はついたということになっている。政治的に。
もし、お金が支払われていないのならば、韓国政府に言うべきではないのか。

おわびをしろという。
その一方で、いくらおわびをしてもダメだという。

もう、これはおかしすぎる。
なんでここで韓国がしゃしゃり出なくてはならないのか。
事実関係がどうのこうのという前に、異常さを感じる。
中国の反日は政治であり、得だと思えば親日に切り替えられるそうだ。対する韓国の反日は宗教となっている。事実がどうあれ、日本がただにくいとしか見えない。

韓国がおわびをしろという。ではその韓国は、ベトナムでの大量虐殺、ベトナムの人を使った慰安婦に対しておわびをし、補償をしたのだろうか。
では日本は、いまだに苦しんでいる原爆や、何十万人も殺された国土に対する空襲に対して、補償とおわびをアメリカに求めただろうか。
日本は、過去のことは仕方がないとして、そういう戦争や原子爆弾は非人道的であることを経験しているからこれから繰り返すなと言っているだけなのである。おわびではなく、協力して戦争や核兵器を臆していきたいと言っているだけなのだ。

悪口を言い続けられていい気はしない。
それが日本人の感情だろう。
そんなに嫌いなら、断交とまではいかなくても無視してくれればいい。
それが普通だろう。
日本のことをとやかく見る必要もない。
貿易を縮小し、在日韓国人を引き上げさせればいい。
それだけのことではないか。
日本では韓国製品を売りません。
それだけでいいではないか。

ずっと嫌いと言われ続けて、親しみを感じていたのにもう感じることができなくなっている。それが日本人の本音だろう。
そして、次に来るのは無関心だ。
なにを言っても無駄ならば、もういいや。
うざい。
戦争のことよりも、これからどう仲良く、新しい未来を作っていけるかだろう。
今の若い人ならそう思うに違いない。
そして、今の日本は戦後派、戦争を知らない子供たちが引っ張っている。
70年というのはそういうことだ。
もう、戦争の記憶はない。
過去の亡霊にとらわれる暇はないのだ。


別に私はいままで嫌韓じゃなかつたし、昔はこだわっている昔の人はいるだろうが、若い人はこだわらないだろうと思っていた。でも、どうやら違うようだ。何か言えばただ反発されるなら無視するしかないと普通の人は思うのだが。





posted by まっちゃん at 09:59| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

モンサントの不自然な食べ物を見て

「モンサントの不自然な食べ物」の上映会に行ってきました。

内容はといえば、モンサントという多国籍企業が作り出す遺伝子組み換えの大豆は、安全性に疑問があるにもかかわらず、自社の利益のために政府や研究者に圧力をかけることで安全としてきた。自社の種を使えば、自社の除草剤をまいてもその大豆だけは枯れないために収益率は上がる。そして会社は特許で莫大な金を儲けている。
しかし、その仕組みの中で除草剤の被害にあったり、がんの発症リスクはあがる。そもそもそのシステム自体が今までの自然な農業や、貧乏な農業を駆逐している。
それは牛や、綿花や、トウモロコシにも広がり、自然界をも浸食しているというような内容でしょうか。

要は、世界の種を牛耳ることで世界を征服しようとしているわけで、それにどんな意味があるのだろうと思ってしまいました。

ふと、思ったのが、日本とは違う封建制度の在り方です。ヨーロッパの君主制は国王がいたらその国民も財産のすべては王の支配下です。国が個人の持ち物なのです。対する日本は、江戸時代も士農工商という身分制度化あり封建制があっ暗黒と思われていますが、5%ほどの支配者階級の武士は没落し、町民農民商人が力をつけていく不思議な封建制でした。
というのも、武士は民衆のためにあったからです。ですから大名家には民の利を先にして自分の利はその次なのだとか、民衆に疎まれては国家を失うのだとかが家訓にあります。
ですから、江戸時代という世界にもまれな平和な時を過ごすことができ、みんなが文字を読めるほどに教養も高く、安全な時代が続いたのです。
もし、あと数世紀もたてば、江戸時代から自然破壊や公害などで明治・大正・昭和と暗黒の時代に入ったといわれるかもしれません。
明治維新が悪かったというわけではありません。それがなければ、今頃はどこのかの植民地だったかもしれませんし。

企業が儲ける姿勢、これが外国企業はひとを支配することで儲けようとしている気がしてなりません。モンサントもそうなのかなと。
そんなことしてなんになるのだろうという気もしますが、支配するということが意識の中に刷り込まれているのかもしれなせん。
日本は、社会に還元することが多いような気がします。社会環境を良くすることが金持ちの当たり前だったと思います。ですから、金持ちの店は信頼され繁盛していく。
日本に老舗が多いのはそのせいかもしれません。

遺伝子操作という技術も、それを利用しての農業も、本来は未来的な発想だったのだろうという気がします。
農家の手間を減らし、安全な食べ物を安定供給する、あこがれの未来を作れると。
でも、そこに利益を追求するという姿勢が加わり、本当はあくまで追求しなければならない安全性を、自己の利益のために犠牲にしてしまったわけです。

目先の利益のために、未来を売り渡したといってもいいのかもしれません。
その確かな影響はこの先、何十年かに姿を表すのだと思います。
社会学的に言えば、そういうリスクは等しく跳ね返ってくるのです。
中国の大気汚染は、等しく政府の要人にも金持ちにもかかわってきます。
がん発症リスクの高い遺伝子組み換えの食物も、自分たちが安全と言っている人たちの口にも入っていきます。
そのとき、人間の体がどういう変化をしていくのかは、解りません。

日本の、ミジンコは外来から来た4種のミジンコによって代わられてしまったようです。これは自然なものですが。
そして、セイタカアワダチソウ。これも外来種です。また、アメリカザリガニも外来種、生態系を壊すのにスボーツといって正当化して外来種の魚を放流してしまったり。
しかし、これらも長い年月で、日本の風土に合ったものに変質するということがあるらしいです。自然が自分の浄化作用を働かせるとでもいうのでしょうか。
遺伝子組み換えの作物ももまた、長い時間かけて変質し、除草剤をまいても枯れない雑草だって生まれてくるかもしれません。
そんな流れの中で、人間もまた同じでいることができるのでしょうか。
というか、人間自体がそういう自然の浄化作用の中で生き残っていけるのでしょうか。

こういう時代だからこそ、目先の利益だけにとらわれてもしょうがない気がします。
モンサントが世界の農業の100パーセントを牛耳ったところで、彼らはどうするのでしょうか。
どこか別世界で、別な生活でもするのでしょうか。
それにどんな意味があるのでしょうか。
モンサントの不自然な食べもの [DVD] -
モンサントの不自然な食べもの [DVD] -
posted by まっちゃん at 16:56| 福井 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。