2012年07月17日

忍び寄る、温暖化の足音・・・



九州を襲った雨は、日本が熱帯化しているからという話も。京都でゲリラ豪雨というのも、熱帯でのスコールと同じという話だし。

アメリカも、温暖化が進むと干ばつが進むという話でしたから、温暖化なのかなと。

ここで原発推進派はだから原発をと言いそうだけれど、原発はもっと大きな視点に立つと温暖化には全く効果がないシステムなんですね。

それよりも、いかに自然を大切にして自然と共に生きる生き方を考えなくてはならないのかもしれません。
そういう社会的なシステム、文化的なシステムをみんなで構築していくべきだと思いますけどね。

家で、猫の額ほどの畑を作ってます。手を入れてないので草ぼうぼうですが、最近は、ざるにいっぱいのミニトマトが採れます。胡瓜と。
太陽と水と土だけでこんなものが生まれるというのは驚きです。採りながら口に2つばかり放り込むと、生命の息吹を感じます。そういうものが大切なのかもしれません。
テレビを消して、何度も好きな本を読み返し、日が暮れたら早く寝る暮らしほど、温暖化防止になるような気がします。

P1130584.JPG

DSC05249.JPG
posted by まっちゃん at 18:05| 福井 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。