2012年08月27日

最近見たレンタルDVDで・・・SUPER8

SUPER 8/スーパーエイト [DVD] / ジョエル・コートニー, エル・ファニング, カイル・チャンドラー, ロン・エルダード, ノア・エメリッヒ (出演); J.J.エイブラムス (監督)

たまたま借りてきたのが本作「SUPER8」
結構ネットでの評判が悪かったので、見ようと思っていなかったのだが、私には楽しめた。

この作品のテーマは、家族の再生なのだな。もちろん、いじめられて凶暴となったエイリアンも、家に帰りたいわけだし。そういうことを考えると、ファーストシーンからの重々しい雰囲気の理由が分かる。


以下ネタバレあり








母親の死を乗り越えられない子ども、そして父親。

それがホラー好きな友達の映画に参加することで、現実から逃げている。そして、少女と出会い生まれる恋心。でも、彼女は母親を死に追いやった男の子ども。彼女もまたそれが原因で、崩壊した家庭にいる。

自分が自主映画を作っているせいもあって、子ども達の生き生きとした撮影風景は好き。分かる。そして、フィルム時代のノスタルジアを感じつつ、自分の子供時代の生き生きとした感覚を思い起こす。
そんな映画。映画作りをメインに考えちゃうと、ストーリーが途中から分からなくなるかもしれない。そういう見方をしてはいいけないのだ。これは、家族の再生の映画なのだ。

ETの家族を参考にした映画監督の子どもの家は騒がしい。あの年代のアメリカの幻なんだろう。
そして主人公の少年の暗い家、部屋。後悔にさいなまれた父親のいるすさんだぼろい家。その対比が面白い。

途中から物語はあれよあれよというペースで進む。
子どもの冒険小説のようだ。
ご都合主義という人もいるのだが、ご都合主義でない映画なんて見たことがない。かくて、少年は、エイリアンのもとに辿り着く。

少女を救おうとした勇気は、自分を救い、エイリアンも救っていく。

そういう物語だ。

現実的ではないと言ってはいけない。いくらクローバーフィールドがよくできた映画で、現実に根を下ろした映画だったとしても、この映画は「SUPER8」なんだ。

後で作品解説などを聴きながら見直すとなお一層楽しめるかも。

私は、好きな作品だな。




posted by まっちゃん at 18:02| 福井 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。