2015年03月19日

パクリ元祖が日本だって? そのとおりだけど、そうじゃない

中国で日本こそがパクリの元祖じゃないかというニュースがあった。
中を読んでもしょうがないので読まないが、その通りパクリ元祖である。
都市計画は唐の都を参考にしているし、漢字だっていただいている。ただ違うのは、それを加工してしまうということだ。日本流に。
漢字は万葉仮名として、日本語の発音に漢字をあてはめ、それが崩れてひらがなになる。万葉仮名になった時点で中国の人には読めない。
また、スパゲティは明太子スパゲティや餅いりスパゲティを生み出す。
ただの中華そばが、ラーメンへと変貌する。

それはパクリではなく進化だ。

中国や韓国のパクリは、劣化複製である。
日本の文化は進化だと思う。
さまざまなものが新しい文化となり、芸術にまで高められることすらある。

たとえばスマートフォンがあったとして、安く複製品を作ろうというのが中国なら、全く新しいものを生み出そうというのが日本式なのだ。残念ながらスマホではまだそういうものが生まれていないが。
携帯電話は日本独自に進化し、ガラパゴス化したのはよく知られている。だがら、スマホから乗り換えを考えなくても十分使用に耐えられるのだ。

パクリ元祖けっこうじゃないか。悔しかったら、芸術や文化まで進化させ、新しいものをそれを土台に生み出してくれ。
posted by まっちゃん at 14:14| 福井 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。