2015年05月24日

追い込み漁よりもっと残酷なんじゃないか。



「2010年にメキシコ湾(Gulf of Mexico)で起きた英エネルギー大手BPの原油流出事故による石油汚染の影響で、海域のイルカが異常な肺疾患にかかり、高い確率で死んでいるとの研究報告書を米国の科学者らが20日、発表した。」
これって、どうにも出来ないんだけれど、追い込み漁より残酷じゃないのか。ついこの間も、アメリカでイルカや鯨の繁殖地で原油が大量に流出したというニュースがあった。

事故と文化とは違うかもしれない。
でも、追い込み漁のイルカは生き続け、事故の犠牲となったイルカは苦しみ死んでいく。
どうなんだろう。

事故だからといって許されるのだろうか。
人間は原発事故は許さない。では、イルカが原油事故はゆるさないといったらどうするのか。

なにか救済しているのだろうか。
追い込み漁よりも、私はこちらのほうが心が痛むのだ。
posted by まっちゃん at 10:29| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。