2015年11月17日

FBのプロフィール画面騒動について思う。

FBのトリコロールプロフィールで、まだいろんな人がいろいろ言っているんだなぁというのが不思議。
まあ、考え方はたくさんあるし、それを表明したりできることだけでもその意味はあったんじゃないか。
そりゃ、ブームだと思ってやっちゃった人もいるだろう。でも、それだっていいと思ってる。私は。

中にはフランスだけじゃない、空爆によって罪のない人々まで殺されているじゃないかという人がいる。
その人たちには何もないのか。と思うのだろう。

というか、それすら知らない人がたくさんいるんじゃないか。
なぜ戦争が起きて、どんなに人がなくなっているのか、アジアの片隅じゃ実感しないのが普通。難民って何? そういう人だっていると思う。それより今の生活が大事とみんな思うだろう。

でも、今回の騒動でいろんなことに目を向ける人が出てくればいいんじゃないか。
そして、戦争だけでなく、いろんな問題があることを知るきっかけになればいいんじゃないか。

たくさんの人が、理不尽な暴力によって命を落とす。それを痛ましいとおもっても、だからどうしていいか考えない人はたくさんいる。
でも、痛ましいとおもうなら、せめてプロフィールをトリコロールにすることでそれを表明できるんだと変える人もいるだろう。

政治的発言をすべきなんじゃないかという人もいる。でも、そんなことまでわからない人が多いんじゃないか。
プロフィール画面を変えることで「私は理不尽な暴力で命を落とすことに反対です」と実は宣言しているのではないか。

世の中には立派なことを思いついて実行に移せる、すごい人たちがいる。でも、大半の人たちは、どうすればいいのかさえ思いつかないし、それを考えることを放棄している人が多いんじゃないか。
立派なことを、堂々と世の中に問える人がいる反面、言えない人がいる。
その人たちが、ほんのちょっとしたことを、自分の意思で表現できるのならいいではないか。
それが何かのきっかけになるのならいいではないか。

それほど、目くじらを立てることだろうか。
posted by まっちゃん at 10:10| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件に思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。