2015年11月17日

神は違えど



ISに対してアノニマスが宣戦布告した。
どちらもテロ集団じゃないのか? ちがうのか?

ISは現実世界の中で、アノニマスはサイバー空間の中で。

方やアラーの神をあがめ(正確には違うんだろうな、いつしょにするなとイスラム教の方に叱られそう)、方や電脳の神を崇め、どつちも何をしでかすかわからない。
つい応援したくなる人もいるんだろうが、ちょっとまて。
自分たちが正しいと思えば何でもやっていいというのであれば、それではどちらも同じになってしまう。
それではいつか収集もつかなくなるし、正しいことのボーダーラインもなくなっていくような気がする。

アノニマスが攻撃するらしい。というニュースをただ事実として、知識として受け止めておけばいいだけなんだろうな。
posted by まっちゃん at 13:50| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件に思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FBのプロフィール画面騒動について思う。

FBのトリコロールプロフィールで、まだいろんな人がいろいろ言っているんだなぁというのが不思議。
まあ、考え方はたくさんあるし、それを表明したりできることだけでもその意味はあったんじゃないか。
そりゃ、ブームだと思ってやっちゃった人もいるだろう。でも、それだっていいと思ってる。私は。

中にはフランスだけじゃない、空爆によって罪のない人々まで殺されているじゃないかという人がいる。
その人たちには何もないのか。と思うのだろう。

というか、それすら知らない人がたくさんいるんじゃないか。
なぜ戦争が起きて、どんなに人がなくなっているのか、アジアの片隅じゃ実感しないのが普通。難民って何? そういう人だっていると思う。それより今の生活が大事とみんな思うだろう。

でも、今回の騒動でいろんなことに目を向ける人が出てくればいいんじゃないか。
そして、戦争だけでなく、いろんな問題があることを知るきっかけになればいいんじゃないか。

たくさんの人が、理不尽な暴力によって命を落とす。それを痛ましいとおもっても、だからどうしていいか考えない人はたくさんいる。
でも、痛ましいとおもうなら、せめてプロフィールをトリコロールにすることでそれを表明できるんだと変える人もいるだろう。

政治的発言をすべきなんじゃないかという人もいる。でも、そんなことまでわからない人が多いんじゃないか。
プロフィール画面を変えることで「私は理不尽な暴力で命を落とすことに反対です」と実は宣言しているのではないか。

世の中には立派なことを思いついて実行に移せる、すごい人たちがいる。でも、大半の人たちは、どうすればいいのかさえ思いつかないし、それを考えることを放棄している人が多いんじゃないか。
立派なことを、堂々と世の中に問える人がいる反面、言えない人がいる。
その人たちが、ほんのちょっとしたことを、自分の意思で表現できるのならいいではないか。
それが何かのきっかけになるのならいいではないか。

それほど、目くじらを立てることだろうか。
posted by まっちゃん at 10:10| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件に思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

人を思いやる心

北海道で土下座をさせたとして女が逮捕された。ツイッターに写真を投稿しているのだからどうしょうもない。
正しいと思っているのかどうかはわからない。
ただ、自分の快感のためにやったと言われても仕方がないではないか。

自分が人より優位に立つというのは快感ではあるだろう。でも、それは正しい快感なのだろうか。

最近、ツイッターでの不用意な写真により事件が起きている。
これは簡単に写真が取れるようになったからというような簡単な問題ではない。
むしろそうなったから問題が浮き上がってきたとさえ言える。

いずれも思うのは、人を思いやる心というものがかけているということだ。

しまむらで、買ったタオルに穴が開いていたというのは確かに不良品だろう。
でも、店員がすべての責任を負えるわけがない。

昔なら、「あなたが悪いわけではないんだろうけれども」と断ってクレームを入れていただろう。そういう人が多いと思う。
それをこちらの非にしてしまったらやはり怒るだろうけれども、そうではなく謝罪があったのなら、素直に交換して事なきを得るのだはないだろうか。

自分のことばかりで、人のことを考えない人達が、ツイッターでさらされているという気がする。
それは少数派なのだろうが、自分への戒めにしたいものだ。

自分の意見は大切だ。個性も大切。でも、それは他人を切り捨てていというのとはわけが違う。
人を思いやる心があるからこそ、日本は平和なのだ。
みんなで使う調味料がテーブルにあっても、安心して使えるのだ。
「他の人が使うだろう」そういう思いやりの心をみんなが持っているからこそ、日本の民度は高いのではなかったか。

江戸時代。警察に相当する部署の人数ははるかに少なかった。八丁堀というやつだ。もちろん手先がいて、岡っ引きも居る。でも、最大の特徴は、罪を犯したものが「神妙にしろ」というと、神妙になったことだ。
おとなしくお縄についたらしい。だからこそ、少人数でも治安は守れたらしい。

私達はどうだろうか。
人を思いやる心は忘れてはいないだろうか。




posted by まっちゃん at 15:45| 福井 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件に思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

ホワイトハウスにも幽霊のうわさはあるけど、そんなこと追求する意味があるのか



あきれたね。
官邸に幽霊が出ようがそなんな事なんの問題があるってんだ。
ホワイトハウスにも幽霊が出ると言われているが、それでも大統領は入っているとでも言いたいのか。
入ろうが入るまいが、それが幽霊のせいであろうが無かろうが、政治が止まんなきゃいいんじゃないの? そんなこと追求する奴の程度が知れると思う。
くだらない事で、時間を使うんじゃない。
これがくだらないことじゃないというならば、その人の感覚は狂っているじゃないのか?
posted by まっちゃん at 17:22| 福井 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件に思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

張りつめた糸はいつか切れる。



張りつめた糸はいつか切れる。
切れたらどうなるのかはわからないけど。ただ、これだけ緊張させると、後が大変だなと。
戦争を始めるしか道がないのかもしれないし、やめてテンションが下がると、再び上げるのが難しいし、人々は内政に関心が向くのではないか。
まあ、演習が終わると「わが軍の威圧に負けて、米韓は撤退。これはわが軍の勝利である」なんてガス抜きを計るのかな。

いずれにしてもいばらの道を歩んでいるよな。

posted by まっちゃん at 09:54| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件に思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

リコール問題にふと思う

TDKの加湿器による火災で、リコール問題に再び注目が集まっている。

これでふと思い出す事がある。
以前、ブロクでも書いたのだが、我が家の除湿機が燃えたことがある。と言っても、すぐ横で仕事をしていたこともあり、すぐにコンセントを抜いて大事には至らなかった。電源スイッチは切れなかったし。
しかし、もし、その下で洗濯物を乾かしていたら? 誰も部屋にいなかったら? そう思うとぞっとする。

それは、ある有名メーカーの製品だった。そして、ほんの数秒前までは正常に動いていたのである。正常に動く製品ならば、古くても使いたくなるというのが普通の感覚だろう。それが調子が悪くなり、スイッチも切れず突然煙を上げる。過熱保護回路が付いているのだが、役に立っていないらしく、表面が溶けだした。
他にも使っている人がいれば注意喚起が必要なのではないか。そう考えて、私はメーカーにこういうことがありましたよとメールを出した。メーカーもそういう事例を集めている可能性もあるのではないか。
炎を上げるのならば、洗濯ものの下には置かないように注意することもできるだろうし、ある程度古くなった製品は人がいるところでお使い下さいとか、いろんなアナウンスが出来るのではないか。その一助になればと考えたのである。たしか。クレームではない。

ところが帰って来たメールを読んで驚いた。
全くの正常であり、あんたの使い方が悪いのだろうという感じだったのだ。
これにスは、さすがにカチンときた。それで「正常ならば、煙が上がり、外側が溶けるのか」と抗議した。すると、あわててメーカーがやって来て、現物を見た。この型でこんな事例は初めてだという。やれやれである。

これで思ったのはメーカー側の意識の低さである。
メールなんか読んじゃいない。どんなことが書いてあるのか理解もせずに、「正常」だと返してしまう態度が異常なのだ。
まともに返していたらとんでもなく面倒なのかもしれない。でも、なかにはきちんと対処すべき内容があるかもしれない。そして、たいていはメーカーになんか知らせてもくれないはずだ。

クレーム処理を出したのは別なことでもう一つある。あるメーカーのDVD-Rを購入したのだが、家の古いレコーダーでは認識しなかった。それまでは大丈夫だったのに。
それでその旨を電話すると、送ってくださいといわれ、録画に失敗した盤面から全てを送り返した。すると電話がかかり、色々説明をしたのち丁寧なレポートが送られてきた。理由は釈然としないものだが(だって、同じように使っていたものが、ある日突然使えなくなるなんて?)いろいろ検査をした経緯なども書かれ、どういうメーカーの盤面がいいのか(エラーがなくなる可能性について)アドバイスをしてくれた。まァ、機械が古いというのも理由なんだろうが。その対応に感心した。
そういうところもあるのである。

メーカーも安全な製品を送り出すのが当たり前だし、リコールがあるなら、その情報も入手しやすくなければならないだろう。これは行政とメーカーとの問題かもしれない。そして、なにより消費者は自分の身を守らなくては誰も守ってはくれない。
家の火を出した除湿機もリコールにはなっていないはずだ。でも、古ければそういう可能性はある。
そういう認識を持つべきなんだろう。
メーカー・行政・消費者それぞれに、すべきことを考えなければならない。行政、メーカーをただ責めたって仕方ない部分はある。せめて自分の身は自分で守らなくてはとも思うのだ。









posted by まっちゃん at 10:00| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件に思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

大人の都合で子供が翻弄されていいのか?



大人の都合で子供が翻弄されていいのか?

今回の問題で一番悪いのは顧問だろう。「みせしめ」に暴力をふるったのだから。二番目に悪いのは、そういう前時代的なシステムを改善していけなかった大人たちだろう。そして、三番目に悪いのが、亡くなった生徒さんだろう。こんな事で、死んでほしくない。こんな大人達のために、わざわざ死ぬなんて。あえて、死ぬことも悪いことだといいたい。だが、その声を無駄にしてはいけないのだとも思う。

そして、私が嫌いなのは連帯責任という言葉だ。
どうしてまじめに取り組んできた生徒が、大人の都合でとばっちりを受けねばならないのだろう。連帯責任というシステムは、とてもおかしいのではないかと思っている。
権力を持った大人が暴力をふるって人を支配しているのに、それがおかしいと声を上げることのできる子どもがいるだろうか。子どもたちは、ただ大人に従うしかないだろう。
権力で子どもを支配することの危険さを大人たちが理解し、監視するべきだったはず。それを同じクラブにいたから、真剣に取り組んできた者たちも罪をかぶれと言われるのだ。それは、大人たちの責任だったはず。そして、自分たちが罪をかぶるかどうかは、子どもたちが決めなくてはならないはずなのだ。

子どもの自主性という観点からは、連帯責任ではなく、自分たちがどうするかを考えて行動すべきだろう。それを大人たちがバックアップするべきではないかと思う。
死んだ者たちの分まで頑張りたちと思うものもいれば、やはり自分は出来ないと思うものがいるだろう。そこまで考えなくては、自分たちの自主性がないのではないだろうか。
同じようなことが高校野球でもある。なにか不祥事が起きれば、出場を辞退する。これもおかしなことだ。真面目に過ごしてきたものは、身に覚えのない事で「罪」を背負ってしまう。
罪を犯さない抑止力として考えているからだろう。自分が罪を犯せば他人に迷惑がかかるという。でも、これって本当に正しいのだろうか。
出場するかどうかは自分たちが納得して決めるべきではないのか。教育という面からすれば、自分たちがそこまで考えて行動することに意味があるのではないだろうか。罪を犯した者は罰せられるべきだが、巻き込まれた者まで罰する形になるというのはどうも解せないのである。

大人たちが悪いのだから子ども達まで罪をかぶれというのは行き過ぎのような気がする。
子ども達の言い分をきちんと聞くべきではないだろうか。

そして、教師の負担を軽減するために、教育と部活の顧問とは分けるべきなんじゃないかと思う。
学校の先生は勉強を指導する。そして、クラブの顧問は別にきちんと資格を持ち、年に何回かはいろんな問題にいての研修を受けるべきなんじゃないかと思う。
そういう論議もしてなかったのに、いきなり入試をやめるとか、廃部にするとか、大人の都合で子どもをふりまわしていいものかと思うのだ。


posted by まっちゃん at 09:13| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件に思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

さかもと未明の騒ぎに思うこと。

子どもの泣き声がうるさいっ。それでとんでもない事を言いだして顰蹙をかっているのがマンガ家のさかもと未明と言う人。
まぁ、子どもの泣き声がうるさいのは理解できます。イライラって来るのもわかります。だって親だってそうですもん。夜寝てくれずに泣いてばかりいてくれたら、本当におかしくなりそうですもん。
泣くなって言っても泣くし、どうしていいのか一番困っているのは親。
親が大変なのはわかっているからこそ、みんな黙っていてくれているんですよね。ほんのひと時、お付き合いするだけですから。親はずっとですもの。
なるべく静かにさせたいんですけどね。親が必至なのは分かります。
親に文句を言ってもいいかなと思うのは、小学生からですかね。小学生なら言ってもわかりますから。それに、親がいい加減で、子どもが周りの人に迷惑をかけるというのもその頃ですかね。

日本は昔から、子どもは大切にされていました。江戸時代にやってきた外国人が驚くのはそういうところ。子どもはみんな丸々として幸福そうだと。
昔は、今と違って街の人みんなが子どもを育てていました。わたしだって、友達の家で食事をごちそうになったこともありますよ。遅くなったから食べていけって。
そんなもんだったな。

たぶん、昔の人が同じ飛行機に乗っていたら、誰かしらあやしに行っていたかもしれませんね。「あたしゃ、子どもを10人も育ててきたんだ。まかしておきなって」なんて言って。まぁ、着陸準備の時だからそれはそれで危ないかもしれませんが。

で、幼稚園くらいになると、かわいい子どもを見るとつい飴だのチョコだの上げたくなるものなんですが、これもまた難しい。
チョコは大人になるまで食べさせない主義だったりね。かなり昔ですが、やんわりと「すいませんが、うちの子はおやつを決めているので」なんて断られた事もありました。子どもは残念そうな顔をしてましたがね。それくらいいいじゃないのと思うのですが、それはこちらががってに思うこと。やはり親の意見は尊重するに越したことはありません。特にアレルギーなんてあったら、食べ物は制限されてますからね。

ううむ、です。

昔のように「街の子ども」というのはいなくなったのかもしれません。みんなが育てている子どもみたいな存在はです。でも、でもも、お互いに思いやりを持って接する心と言うのは、無くしていないのだなと感じました。

posted by まっちゃん at 17:09| 福井 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件に思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

お笑い民主党



政権を追われたら誰も陳情に来なくなる。それはとてもさみしいとのたまう人がいたなぁ。
はっきり言います。それは自分たちの責任です。

国民の大きな声に支えられて政権を取ったのに、なにも結果を残せなかったからです。
だから、参院で敗北しているのに、ずいぶん昔の選挙の結果にしがみついている。
今選挙したら負ける。当たり前です。そうしたのは自分自身でしょう?
ほんの少し命が伸びるからと言って、解散反対等と言っても、結局は、同じですよ。

信頼を得るには時間はかかりますが、失うのは一瞬です。
失った信頼は、そう簡単には戻りません。
ええ、年明けまで待ってもだめです。きっと。


posted by まっちゃん at 16:26| 福井 ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件に思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

大丈夫なのか。首相?



暴走老人はいるし、暴走おばさんはいるし、大丈夫なのかこの国の政治とは誰しも思うこと。もともとそう思ったから民主党政権が誕生したんだが、今やそれもまた間違いだったかと思えてしまう。国民に負担ばかり増えて、肝心の政治の無駄なんて削れてない。これだけ国民を裏切った政党と言うのも珍しいんじゃないか。だから、ずいぶん前から選挙選挙とうるさいのだが、絶対にやめない。
言葉だけは立派だが、言葉だけなら誰でも言える。反省だけならサルでもできるとは、むかしなんかあったような。なにもかもちぐはぐに見えてくる。あれだな、国民の負担ばかりを先に出すから何やってもだめなのかもしれない。本当は経済対策があって、それで国民が納得できるのなら増税もやむなしなののかもしれないが。
玉子が先か鶏が先かというどっちでもいい議論ではなくて、実はこの順序も大切なんだな。そう思う。

どうでもいいが、大丈夫なのかなとも思う。野田首相。
精密検査でも受けたほうがいいんじゃないのか。とっとと解散して重圧から逃れたほうがいいんじゃないのか。かるい脳梗塞じゃないのかと言う気がする。


posted by まっちゃん at 10:38| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件に思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

橋下氏問題で、嗤う

今朝のF新聞に、橋下氏の問題について書かれていた。大雑把にいうと、「取材拒否というのは、誰にでも認められている知る権利を阻害するのではないか」ということだ。もっと深読みすれば、権力をかさにきて、知る権利を侵すのは問題ではないかということだ。この事をまず考えるべきだという論調だったように思う。でも、これは実におかしい。
そして、自分たちがもっと危険な主張をしていることに気がつくべきではないだろうか。
マスコミは、自分たちが庶民の側に立っていると勘違いしている。マスコミもまた、言論をコントロールできる「権力」の一つなのだ。だからこそ、一層の自浄努力が必要なのだと言える。

私の知る限りでは、知る権利は侵されていない。記者会見の場にいるここと、記事を書くことに制限を設けているわけではないからだ。記者会見を聴き、自分なりの主張を盛り込むことは可能だからだ。橋下氏が止めたのは、質問を受け付けないということではなかったか。それは、当然のような気がする。
いつかの総理大臣が、新聞は物事を曲げて書くからという理由で、テレビ以外のマスコミを会見場から追い出した事があるが、それから比べれば、ずいぶんと読者に配慮していると言えるのではないだろうか。
それを知る権利を侵しているのではないかと書きたてるのは、いささかどうかと思う。それよりもまず、マスコミのあり方についてきちんと考えを示すべきだろう。

詳しく知らないにしても、週刊朝日の記事の書き方に問題があることは分かる。
冗談ではすまされないものがある。
血脈の中に問題があるのであれば、それはすなわち、人は生まれながらにして区別されているということなのだ。
極端なことを言えば、「殺人を犯した人の子供は、殺人事件を起こすかもしれない」という事と同じだ。こんな変な事はない。
そういう事件なら、親は犯人を教育したことで責められる要素はあるかもしれない。そういう犯人を作った社会構造は責められるべきかもしれない。でも、犯人の配偶者や子供には罪はない。ましてや、子どもに殺人犯の血が流れているとしていじめられたら、マスコミはこぞってその子の人権を守るのではないか。でも、今回やったのは逆のことなのだ。

「罪を憎んで人を憎まず」という孔子の言葉がある。
これはいまの刑法の基礎ではないのか?
犯人の犯した罪を裁き、その罪の償いをする。しかし、その人の人権は守られている。
凶悪犯だから、ご飯を食べさせないということはないし、病気になれば医者にも見てもらえるのではないか。

そして、もうひと問題なのは、橋下氏は事件を起こしているわけではなく、政治的な活動をしているだけではないのか。なぜ、そこまでせにゃならん? おかしいだろう?

私には、これがもっと大きな闇を抱えている気がする。
今回は、相手が発言が巧みな橋下氏だったから問題になったが、もし、発言力のない一般市民が同じようなことにあったらどうするのか。
私たちは、ただ唇をかみしめて耐えるしかない。それも正義の名を借りて、権力を振りかざすマスコミによって、自分の未来を閉ざされてもだ。
そういう危険性をはらんでいるのではないか。それをマスコミはこの問題によって自己検証すべきなのではないか。出生や、血脈だけですべてを判断するようなことはあってはならない。そういうことだ。
大工の子は、たしかキリストになったのではなかったか。
奴隷としてつれて来られた人が、アメリカ大統領になっているのではなかったか。
殺人者の息子が、これから世界中を救うことのできる新薬を発明できるかもしれない。でも、それを出生や血脈で否定するのはナンセンスだろう。

私たち人間の先祖は、等しく、ゾウリムシかアメーバーなのだろう。どこにどう違いがあるというのか。


posted by まっちゃん at 10:11| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件に思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

政治家は自殺してはならない。まぁ、誰でも自殺はダメだけれど。



理由は何であれ、自殺はダメ。特に、政治家はダメ。
何時も思うのだが、政治家が自殺したら、自殺したことを本気で怒る人があっていいと思う。
おしい人だとか、そういうのは分かるし、死んだ人を責めるのはいけないと言われることもわかる。でも、あえて、怒るべきだ。

日本は自殺大国だ。
交通事故が8000人なら、自殺者は3万人。
ましては、今はいじめによる自殺も大きな問題になっている。生きていればいいんだよ、とみんなが言っている。どんなにみじめでも、生きていいける道があるなら生きようとみんなが言っているのだ。
昔は、親からもらった命を勝手に殺してしまうことは罪だった。
親不孝なのだ。
だから、切腹もそういう意味では罰であったろうし、特攻隊の遺言も両親に対しては許しを請うのだとおもう。
昔はそういう教育がきちんとあったと思う。
だから、自殺者の家族は自殺したことを隠したし、葬儀も大きくは開けなかったはず。
自殺を賛美してはいけないし、ましてや影響力の大きな人が自殺してはならない。自殺防止に努めてきたはずの政治家が自殺するなんてもってのほか。
別にこの政治家のフアンでも何でもないが、亡くなったことに対してはお悔やみを申し上げても、自殺したことに対しては怒りを覚える。それじゃだめだろうと。

ちなみに、心霊などの世界では、自殺者は死んで幽霊になってからも自殺を繰り返すのだそうな。それを延々と。苦しかったら、その苦しみを何度も繰り返すという。本当にそれが事実かどうかは知りようもないのだけれど、それこそ永劫の罰のような気もするのだが。




posted by まっちゃん at 09:30| 福井 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件に思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

戦争の傷跡



ヒロシマ・ナガサキもそうなんですが、いまだに戦争が深い傷跡を残していることに悲しみを覚えます。

中国をけん制する意味があるとはいえ、枯葉剤の除去に、あの忌まわしき戦争の当事者がかかわるのですから、なにか感慨深いものがあります。

戦争や原子爆弾や、原発なんてなくなればいい。

中国や韓国が、いまだに敵国日本の教育をしていることに憤りを感じます。争うことでしか勝ちえないものってなんでしょうかね。
資本主義が党のということではなく、どこの国も世界が平和で、どこの国も苦しまないことを願っているはず。
仲良くすることで、得られるものの方が大きいのではないでしょうか。

さて、お盆。

先人たちの声に耳を傾けて、人の幸せとは何か考えたいものです。

posted by まっちゃん at 09:26| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件に思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

そのうちとんでもない事件を目にするのかも



まぁ、なんだ。暗闇の映画館で銃を乱射する奴がいたら、撃ってしまおうということなんだろうね。そのうち、映画館で銃を撃ったやつに反撃しようとして、誰かが銃を使い、それがきっかけで全員が暗闇の中で銃撃戦をやらかすと見た。
自分の身は自分で守るという考え方は立派なのかもしれないが、社会的なリスクは増大する。そんな気がしますが。
posted by まっちゃん at 09:15| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件に思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

順序が逆



専門家によってずっと指摘されてきた活断層。再調査ですか。
それ次第はいいことなんですが、誰が調査するんでしょうか。そういう問題もありますが、まぁ、順序が逆ですよね。

3.11によって起こらないとそれてきたものが、起こりうるという可能性が出来たわけです。
そして、3.11によって、列島全体が不安定な状況になっている。いつ危険な地震が起こるかは分からないし、その可能性は高くなったわけです。

なのに安全と言い、再稼働を許してしまっている。
電力は足りていそうなのに、稼働する。それは企業を守るためであって、国民の命は犠牲となっている。もし、ここで地震が来たら、国民はどうすればいいの? 人的ミスでも引き起こして、原発が何かあったらどうすればいいの?
防災計画は机の上で計算されたもので、まだ何年もかかります。
ベントもできない。
避難する道路も整備されていない。
避難計画がない。

ありえないのではなく、もし起こってしまったときにどうするのかを考えなくてはならないというのがフクシマの教訓の一つであったはず。

それを再稼働を許した後で、問題の多い保安院が再調査を言いだし、問題の多い電力会社が自分の都合のいい調査会社で調査する。
なんと馬鹿げたことか。

国民の生命・財産を守らなくてはならないのなら、疑惑があれば地質調査をし、何年かかろうとも防災施設を完全にし、地元の避難や、30キロ圏内の避難誘導の計画も立て、その上で原発の再稼働を考えるべきではないのだろうか。
政府は電力不足を可能な限り回避する様に電力会社に言うべきだし、災害時の電力確保にもっと小さな発電にも目を向けていくべきだろう。
順序が逆ですよ。

まぁ、そこまでしていたら「なんだ、原発いらないじゃん」となってしまうのが怖いんでしょうけれど。
とにかく国民のリスクを減らすため、一企業と国民全員とはかりにかけるなんてことはやめて欲しいもんです。




posted by まっちゃん at 13:56| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件に思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

いじめ事件で爆破予告が出たけれど・・・それって正しいか?

いじめはいけないと思う。いじめは立派な傷害だし、へたすりゃ窃盗とか、そういう世界だ。刑事事件にしたっていいと思う。悪いことをしたら、人を傷つけたら裁かれるということを子どもに教えないでどうするとも思う。
今回の事件はほんの氷山の一角だと思っている。結局、学校は生徒を支配できると考え、学校も教員委員会も自分を守ることに終始している。基本的には、子どもの人権など認めていないのだと思う。口では何とでも言えるが。
反面、何かあっては大変と、親に怒鳴られないようものすごく気を使っているのも確か。そこまでしなくてもと思う。うちの子なんか悪いことしたら、ピシピシと言ってやってくれとも思う。でも、そうすることで問題が起こるのだろうな。でも、それは学校を守るためという気がしないでもない。
まぁ、本当に子供を愛してくれている先生もたくさんいるし、子どもの方を向いている先生もたくさんいるのは事実なんだけどね。いい先生もたくさんいて、いろんな板挟みで大変だと思う。

で、出るだろうなと思った今回のいじめの舞台となった学校への爆破予告事件。よほど頭に来ている人だとしたら、やはり怖い。業を煮やして、自分が成敗するという感覚なんだろう。実際には、爆弾はなくて、ざまぁ見ろという感覚なんだろうが。でも、それはクジラの問題でシーシェパードがやっていることと同じことだ。正しいと自分が判断すれば、なんでもやっていいのかということだ。それはやはり問題だと思う。
加害者と言われる子どもも実名特定され、さまざまや嫌がらせを受けていることが予想される。でも、ぜんぜんこたえていないという話もあるけれど。
でも、今回の事件でなくても、いじめっ子の実名や住所を特定し、誹謗中傷などを繰り返したりしたとする。もし、それで相手がノイローゼになり自殺でもしたら、それは社会によるいじめであり、こんどは、何の関係もないネットの人たちが加害者と言うことになる。
もちろん、いじめっ子には責任をとる必要があるし、罪を償う必要もあるだろう。でも、それを強要するのは私たちではない。でも、今回の事件のように償わせる気がなく、被害者が可哀そうなままだというのはいただけない。たぶんそこが、今回の問題なのだと思う。だから爆破予告なんてものが出てくるのだ。きっと。。

原発の問題と違って、問題のあるところを特定しにくいのが今回の事件。もちろんいじめっ子が悪いには違いないが、学校側などに責任がないわけではない。だから、誰に向かってきちんとしろと言えばいいのかが分からない。
それでとんちんかんな爆破予告なんかも出たのではと思う。けっきょく迷惑するのは子供たち。でも、声を上げなければなにも変わらないのも事実。現にいじめはなくなってはいない。どうにかしようと声は上げていかなくてはならないのだと思う。

そのうち学校のいたるところに監視カメラが仕掛けられ、学校のリスクを減らす方向に働くだろう。学校でのいじめの実態を消すために。いろんなところが立ち入り禁止となり、警備員が歩きまわるようになるかもしれない。
そうすると、今度はいじめの実態は家庭が現場になっていくのだろう。
警察は介入しやすくなるだろうが、たぶんいじめの解決にはならない気もするのだ。

そして、自分たちの行動を抑制しているのは、結局自分自身になっていくのかなと思う。
罪を犯さないために行動が抑制される。監視カメラや、ネット社会の監視によって。それは、どこか本筋から外れているような気がするのだが。
posted by まっちゃん at 10:57| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件に思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

官邸前、再稼働反対デモに数万人



官邸前まで行けない身の上では、ただただ応援するしかありません。
足を痛めてもいますから、杖をついての参加はさらに邪魔になるでしょうかね。
でも、本心は毎週金曜日に飛んで行きたい。です。

最初のころはほとんど報道されなかったデモも、前回から報道するマスコミが増えてきて、今回は結構報道されたようです。なかったことにしたいと言うマスコミなんでしょうが、こう毎回毎回やられてはついには報道せざるを得なかったと言うところでしょう。

消費税のデモがなぜ起きないのかとお冠の評論家先生がいますが、消費税はいちおう誰でもがあげなきゃいけないだろうなと納得している所があるように思えます。自分たちの身を切る覚悟がないことや、言ったこととやってることがまるで正反対の野田首相などに不満はあるとしても、ある程度覚悟は出来ているのだと思います。それで不景気に拍車がかかり、日本経済が沈没し、大企業がのはなみ海外脱出すればそれ見たことかと批判するでしょう。
ただ、原発のデモはまるで違うところに立っていると思うのです。
どこかの団体がやっているわけでもなく、アジサイ革命の名の下に、ちょっと仕事帰りに行って、本音をぶつけてこようと云う。
それはフクシマが冷温停止だといい、それで終わったように考えてしまっていることや、今まで安全だったから動かしてもいいと考えているんじゃないかとか、大きな利権でマスコミもすべてが操作されている(今までの報道を見ると感じます)現状に我慢がならないのです。
破砕帯があり、それを大学教授が動くと言っているのに、動かないと言って検証しないその姿勢は、フクシマのまえと変わりません。それを怒っているのです。
事故の確率は20年に一度とも10年に一度とも云われるようになったのに、いまだ安全神話を信じている振る舞いに腹が立つのです。
もし、もう一度何かあれば日本と言う国がだめになる。経済も外交も。そして住めなくなるかもしれない。それをわかっているのかと憤慨しているのです。どこが安全なんだと。
電力が足りないと言う関電を1年も湯要があったのに何をしていたのだと怒ることもせず、困るからと再稼動するその姿勢に腹が立つのです。政治家なら、もし再稼動しなくても中小企業が迷惑も受けず、病院が困らず、だれも熱中症で困らないように手を打つように手配すべきなんです。天然ガスや原油を安く買えるように手を打ったり、他国の協力を仰ぐ必要だってあったかも知れないのです。それを何もせず、「再稼動」という安易な道を選び、それを「国民のため」と白々しいことを言う姿勢に腹が立つのです。
どっちがリスクが高いのかと云うことです。

消費税については、どこかで減税をやってもらう必要があるでしょう。知らぬ間にずいぶん増税されて、ただでさえ家計は苦しいのです。でも、減税や、景気刺激策、公共事業による景気刺激策なんかで取り返すことは出来るかもしれない。また、やっぱりやめようということだって起こりうるかもしれない。

でも、原発はメトルダウンを起こしたら終わりです。
老朽化で炉心が割れたら終わりです。
地震で、建物が壊れて周りの施設が壊れたら終わりです。
人の命も直接かかわり、日本と言う国が終わってしまうと危惧しているのです。ある意味、それは消費税とは根本的な心配の種類が違うのです。評論家先生にはそんなことがわからないらしい。

でも、こうして毎週毎週集まる人たちの力は無駄になっていません。それが証拠に報道は少しずつ多くなっています。再稼動しないと倒産するしかないと言う会社の様子を写し、電力会社側に立った報道をするようなマスコミだって報道さぜるをえなかったのです。
そして、いずれは再稼動し泣ければ本当に会社が倒産するしかないのか、ほかに方法はないのかと検証する要になるのではないかしら。

なんなら、使用中の白熱電球をもってくれば、LED電球を300円でお売りしますよと云うような政策デモすればいい。たしか、全国で白熱電球がすべてLEDになれば原発18基ぶん電気が節約できると政府が言ってましたからね。いらない新幹線や、いらない議員をへらしてそっちの財源にしてばらまきゃいいのに。ねぇ。

紫陽花革命、がんばってください。応援しています。




posted by まっちゃん at 21:22| 福井 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 事件に思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

金主席と総書記の肖像画を守って死亡した少女、北朝鮮が勲章を授与 ????????



死んで神様と言われるよりも、生きて馬鹿だと言われましょうよね
そうよあたしゃ女で結構、女のくさったので構いませんよね

加川良「教訓T」である。
昔の歌なので、現代とは会わない部分もあるが。
歌詞を載せておきます。それにしてもこれを思い出すとは思わなかった。
でも、政府がきちんと洪水対策していれば死なずに住んだ命なんだろうな。
…………………………………………………………………………………

命はひとつ 人生は一回
 だから 命を 捨てないようにネ
あわてると つい フラフラと
 お国のためなどと言われるとネ

青くなって しりごみなさい
 逃げなさい 隠れなさい

お国は 俺たち死んだとて
 ずっと後まで 残りますヨネ
失礼しましたで 終わるだけ
 命のスペアは ありませんよ

青くなって しりごみなさい
 逃げなさい 隠れなさい


命を捨てて 男になれと
 言われたときには ふるえましょうヨネ
そうよ あたしゃ 女で結構
 女のくさったので かまいませんよ

青くなって しりごみなさい
 逃げなさい 隠れなさい

死んで神様と いわれるよりも
 生きてバカだと いわれましょうよね
きれいごと 並べられたときも
 この命を 捨てないようにね

青くなって しりごみなさい
 逃げなさい 隠れなさい

…………………………………………………………………………………
http://www.youtube.com/watch?v=ENFWrI3PSkQ&feature=colike
http://youtu.be/ENFWrI3PSkQ

いい曲だ。動画は、最近の良さんです。






posted by まっちゃん at 09:36| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件に思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

そりゃ消費税が上がるのはしょうがないと誰でもが思っているさ。でもね



そりゃ消費税が上がるのはしょうがないと誰でもが思っているさ。このままだったら、国がやっていけないのは分かってる。でもね、今あげてほしくないわけ。
自民党はそりゃ賛成するよ。だって自分の政権の時には上げたくないもの。野党はこぞって増税を批判したはずさ。だから民主党が上げてくれて、自滅してくれればうれしいんじゃないの。でも、それは国民を考えてじゃないよね。

まず、議員を減らしなさいよ。半分くらい。
それから、外国でいいかっこしてあげますと言った大金を、すいませんといってやめさせてもらえよ。そりゃ中には人道的なものもあるだろうから全部というわけにはいかないだろうけど。消費税5パーセントくらいのものが、何の審査も受けずに、議論もなしで外国にいっているんだよ。
国が危ないというなら、まず頭を下げてしばらく待ってくれと云えよ。景気が上向けば、また、出すからと。

そして景気対策やってくれよ。
そっちの方が先だろう。
景気が上向けば、苦労せずに税収は上がる。そして、足りないからと言えば、国民もみんな納得するんだよ。
いまのままだったら、何年先も景気は良くならない。
景気が上向くのは、全体の数パーセントだけ。仮に5%とすれば、あとの95%はますます苦しくなっていく。
税金取られるのが嫌な大企業は国外脱出。海外で作った方がもうかるからね。
で、日本の中小企業はのきなみ苦しくなって倒産。

大企業を国内に足止めできること考えなよ。
安定した電気供給を考えなよ。
それには原発? 馬鹿言っちゃいけない。10年に1度メトルダウンする確率になったものに、経済的にリスクが高くなったものに、どこの投資家が投資するってんだ? 東電なんて、どれだけ格付けが落ちたと思っているんだ。

日本の物づくりの技術で、バンバン電気作れるようにすればいいじゃん。どこかの評論家が書いていたけれど、日本の自動車産業の技術は、そのまま再生可能エネルギーのプラントに応用し国際的にも競争力を持つことが出来るそうな。

ああ、話がややっこしい。なんか、横道にそれるな。

まぁ、そのうち消費税が上がるのはしょうがないという国民は多いと思うんだよ。だけと、そこまで行く道筋が気に食わないって言っているんだ。
シンジロウがたまにはまともなことを言っていたよ。造反は小沢が作ったんじゃなくて、野田総理が食ったんだってね。もっと多くなると思っていたから、ちょっと肩透かし。自民とからも大量には造反が出てくりゃ、もっとおもしろかったんだけどな。

あーあ。
posted by まっちゃん at 18:47| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件に思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

古書を狙った犯行? 空き巣が本を盗み出す。



もと読書家で本を読みたいばかりに本を盗んだとしたら、なんか笑える。

こういう変わった空き巣がいたとして、我が家だったら何を盗まれると笑えるか考えてしまった。
帰ったら招き猫が消えてたなんて。(何十匹もいます)警察に届けられるだろうか?
オタクなんて「帰ったら美少女フィギアだけ盗まれてました」
なんてあると笑えるかな。
やくみつるさん宅にこういう泥棒が入ったら「有名人が使ったストローのコレクションだけが盗まれました」なんて。だれも同情しなかったりして。(やくさんとってはショックだろうなぁ)

まぁ、長年貯めてきた古書を盗まれるというのは、老夫婦にとっては悲しいこと。犯人が無事捕まることをお祈りします。


posted by まっちゃん at 17:45| 福井 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件に思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。