2010年08月30日

サンパウロで異常乾燥、5日連続で湿度20%以下



地球温暖化による不吉な予言の中に、こういう砂漠化もあったよな。都市だからあまり実感はないのかもしれないが、41日間も雨がふらず、湿度20%以下というと砂漠化していると考えてもいいのかな。専門家ではないからわからんが。
異常気象という一言で済ますことができるのかどうか。
posted by まっちゃん at 10:28| 福井 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

プーチン首相、独科学者と温暖化問題で激論 ロシア



この記事で印象的だったのが「プーチン氏は2003年にも、「2度から3度程度の温暖化は、ロシアにとっては望ましいことだ。毛皮のコートは必要なくなるし、農作物の生産も向上するだろう」と述べて、科学者らを驚かせている。」という一文で、多くの人々がそんなふうに捕らえているのだろうなということ。
しかし、「だが、今夏の猛暑は、穀物作付面積の約25%が焼失した森林火災や干ばつなど、ロシアに多大な被害をもたらした。農作物への損失額は、数十億ドル規模に上るとみられる。」
「多種多様な燃料を燃やすことは、地球のメタン排出活動よりも、甚大な影響があるのです。現在、起きているような気候変動は過去にも例がなく、人類が大きな影響を与えていることは間違いないんです」という女性研究者の言葉。
ただ、温度が上がるのではなく、異常な気候で甚大な被害が出るということに、理解ができたのだろうか。

日本も酷暑であえいでいる。
農作物は産地の旬が変わり、早くできた果物は熱でだめになっている。
これで熱に強い果物や作物を研究したとしても、今度は寒くなるかもしれない。

また、中国や、北海道のように異常な雨で洪水や土砂崩れが起こるかもしれない。

人間が二酸化炭素を吐き出したことが原因で、自然がただそうなっていく。それもまた、自然な成り行きといえばそうなのだが、元は人間。

私が子供のころ、夏でも30度を超える日は数日しかなかったように思う。それでも、扇風機や自然の風だけですやすや眠れたものだ。
寝ているだけで、熱中症で死んでしまうなんて、誰が予想できただろう。

ロシアもまた、これでとにかく温暖化対策に乗り出してほしいものだと思う。
posted by まっちゃん at 14:01| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

米原油流出、政府の楽観視に「待った」




楽観視して、終わったと思ったことにしてしまうのが一番怖いことなのかもしれません。

地元が、自然が、立ち直るのはこれからでしょう。

また、原油が海の底に漂っている可能性はうんとあるのでしょう。それに対してどうするのか、可能性があるのなら、どうにかできないものでしょうかね。




posted by まっちゃん at 10:47| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

異常気象の裏に気流変化、国連機関「緊急に調査必要」



詳しいことは分かりませんが、「いずれも自然発生的な異常気象の基準にあてはまらない」というのは、嫌ですね。やはり地球温暖化の影響なのでしょうか。
それでたくさんの方が亡くなったり困ったりしているわけで。

今日のほかのニュースでも三重県でたくさんの魚が死んでいたそうで、朝の水温が三十度を越えていたそうです。それで水中の酸素がなくなったのではないかということで。
うちの長生きしている金魚も、水槽の底でじっとしていたり、口を水面に近づけて、漂ってました。水温は三十度近く。魚にとっても酷暑なのですね。
まぁ。今年は水槽を少し大きくしたおかげで、なんとか病気にもなっていないようですが。

日本の酷暑もラニーニャ現象のせいなのでしょうか。また、温暖化で多くなるというブロッキング現象のせいなのでしょうか。

出来ることは少ないですが、マイ水筒にマイ箸、エコバックを使ったり、車を使わないようにしたり、エアコンの温度を少し上げるとか、涼しい朝は窓を開けて汗が流れるくらいになったらエアコンをつけるとか、涼しい朝のうちに外回りをするとか…

何もしないよりはいい。自己満足だって、いいんじゃないか。何もしないよりは。
ウン。



posted by まっちゃん at 22:24| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

BP、油井封鎖で大きな進展 流出原油の大半消滅



まだまだ終わってはいないんですけどね。ひとつの区切りというだけで。
またえびが戻ってくるまで何十年かかるといわれているし。
でも、自然の浄化能力はすばらしい。人間のなんとちっぽけなことよ。
posted by まっちゃん at 08:32| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

ロシア山火事、猛暑で拡大の懸念 死者30人以上



これは猛暑といえるのでしょうか。もう殺人的な暑さ?

森林火災は、暑ければよく起こるものですが、かなりの広範囲のようです。
イタリアだったか、自分たちの欲のために火をつけて、それが広範囲の山火事になってしまったというものが過去ありましたが、「自然災害」と書いてあるのでそういう可能性は低いのかもしれません。

でも、まだ40度を超える日が続くとか…

想像できないです。




うちは、今日、子供たちを連れて、福井県今立にある布滝を見に行きました。途中サンドイッチを買って。
初めて見る滝に息子は感激してました。巨大な蛙や、カナヘビなどにも出会いましたし。
ここは佐々木小次郎が生まれた土地だそうです。土地のお寺の住職に代々伝わっている話だそうで。そこから燕返しを編み出した一乗谷はほど近く。
それからなぜかダムを見たいという話になり、九頭竜ダムへ。
外の気温は27度くらい。涼しかったです。

福井は、海と山と川に恵まれた土地。こういう自然をいつまでも残して、暑い日々でも自然の涼が取れればいうことないのだけれどなぁ。
40度もあったら、山の中でも36度くらいになるのかなぁε-(‐ω‐;)



posted by まっちゃん at 18:43| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

モスクワ38.2度、観測史上最高をまた更新



やれやれ、暑いです。
とりあえずチエックしておきます。
posted by まっちゃん at 10:25| 福井 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

ナイジェリア、4年間で3000回の原油流失事故が発生



魚や鳥がが住めない海になったら、いくらオイルマネーがあっても、被害はそれ以上じゃないですかね。

貧しい漁民は生きるすべを失っていくでしょう。だからこそ富の配分を願うのでしょうが、海を殺してはどうにもならない。
今しか見えないのは、誰も同じだけれど。


posted by まっちゃん at 14:29| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

「灼熱の夏」で危機、ロシアの農家と穀物市場戦略



とりあえず、アップします。

日本も野菜がひどい状態と聞きました。ほうれん草が、この前のゲリラ雨のあとの連日の30度越えで、すでにおひたし状態になっているらしい。
野菜を取って、夏ばてというようなテレビ番組も多いのだけれど、その前に野菜大丈夫か? 
母の畑では、いまトマトとかきゅうりとか取れて、食卓を潤してくれるのはありがたいのだが、家族みんなを養うほどは野菜はないと思われ…




posted by まっちゃん at 16:03| 福井 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BP過去最悪の赤字、ヘイワードCEOがまた失言か



この人の感覚は、まず自分ありきなんですね。
自分の利益を守る、会社の利益を守ることには長けているかもしれませんが、どうもそれが、世間を相手にした場合にずれが生じていることに気がつかないようですね。
どうして自分が悪いのだろうとしか思えていない節があります。

体が不自由な人は、自分の状態をよく理解していますが、心が不自由な人は周りがおかしいとしか感じられない。
自分の身になって考えてみるということがそもそもできないんだろうなと思います。

長い目で見れば、まぁ、やめていただくことが会社の利益なんだろうなぁ。



posted by まっちゃん at 10:21| 福井 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランスで山火事、約900ヘクタールを焼失



ヨーロッパの暑さが原因でしょうか。
からからに乾いてよく燃えてしまうでしょうし。ちょっとした火の不始末でも、大切な森が消えてしまう。

これが以前、イタリアかどこかのように、わざと火をつけることでリゾート開発などの地面を手に入れようなんてことだったら許せませんね。

水と森を守ることは、人を守ることだと思うのですが。
posted by まっちゃん at 10:06| 福井 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

猛暑のモスクワ、観測史上最高の37.2度 森林火災の煙も




朝から暑い日々が続いてます。明け方は、まだ涼しいのですけどね。ゆっくりと明るくなりつつある明け方に、耳を澄ますと虫たちや、気の早いセミや、風の音や、いろんなものが聞こえてきます。今いて地番お気に入りの時間です。

9時を過ぎてしまうとももうだめですね。
今日も暑い。
昨夜は、月が雲の隠れたりしていたので、少しは曇るかと思ったのですが。

モスクワも暑いそうです。
ロシアでは、毎年、水の事故で何千人かなくなるそうです。理由はウォッカを飲んで酔っ払って水に飛び込むからだそうで。
やれやれどうなっているのでしょうか。

6月の地球の平均気温は少し上がったという話を耳にしましたが、7月もあがっているのでしょうか。
地球的に部分的な猛暑というものはあるのでしょうが、全体的な平均気温がどうなっているのかは気にかかるところです。
年間通しては? この原因が温暖化だとすれば、すぐには戻りませんしねぇ。


やれることをするだけですね。




posted by まっちゃん at 09:52| 福井 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

メキシコ湾油井付近の漏出や異常、司令官「深刻な問題ではない」



これはちょっとわからないのだが、蓋をした油田の周りの海底から原油が感知されているというもの。つまり海底がひび割れているということ。

たいした問題ではないということだが、ちょっと腑に落ちない点がある。
そりゃりリリース井戸を掘って根元からふさいでしまえば、その油田も、海底に染み出している分も止まりそうな気はする。

それはそれでいいのかもしれないが、世界中にある海底油田の周りの海底にもひび割れとか起きている可能性ってないのだろうか。
今回事故を起こした油田の事故は、取り込み口のほうでしょう? 原油流出を止めようとしたから余分な圧力がかかって、海底までひび割れたということなのかな?





posted by まっちゃん at 11:23| 福井 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

メキシコ湾の原油流出止まる、事故後初めて



これで喜んではいられませんよね。確かに大きな前進で、良かったなぁとは思いますが、これまで流れ出たぶんだけでも大変な事態。これより深刻にならないかもというだけで、現状復帰には自然の大きな力を借りなければならないのです。

ともあれ、よかったですが。


posted by まっちゃん at 13:11| 福井 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界の6月平均気温、観測史上最高



まぁ、ちょっと今は覚書程度に。

温暖化七日、それとも地球のいつもの身震いなのか。それは時間をかけて検証しなければわからないことなのでしょうね。でも、だからって放っておくわけには行きません。できることをするだけです。
ねっ。(>_<)

posted by まっちゃん at 10:44| 福井 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

中国の王朝の変遷、気候の寒冷化が影響か



フランス革命が起きたのも、アイスランドの火山の爆発による冷夏で作物ができなかったからといわれています。日本では、天保の飢饉が起こったはず。

世界的に同じ時期に政変が起きたりするというか、奇妙に同じような出来事が重なることがあります。こういうものも、総合的に見ればこういう天候によるものがきっかけとなっているのかもしれません。
中国王朝の変遷も天候によるものが大きいとすれば、自然の力の中にやはり人間は飲み込まれているわけで。

大きな視野を持った研究になるほどと思いました。
posted by まっちゃん at 18:49| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

欧州に熱波、若い男性含む死者も



なんだか、毎年ヨーロッパは熱気に襲われてないか。昨年も何人か亡くなっているような記憶があるのだが。


posted by まっちゃん at 11:17| 福井 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

APECエネルギー相会合始まる 福井



福井で国際会議をやっているなんて、ほとんど全国に報道されていないのではないか。そう思ってしまう。
エネルギー担当相の会議で、ものすごい警備で渋滞もおきているそうな。右翼の宣伝車が入らないように道を止めると、今度は歩道を歩いてきたりして煙い間とにらみ合いになったりしたそうな。

それにしても気になるのが、低炭素社会の促進をするのに原発を促進するということ。
これって本当に正しいのだろうか。

CO2を出さないことばかり注目されているが、CO2を出さなければクリーンだというわけではない。
原発はまだまだ、人間の手に余るものだという気がするのだ。安全であればそれでいいというわけではなく、ただ、単純にそう思うのだ。

まず、
1. 原発の取り壊しにはいくらかかるかわからないということ。
 使われなくなった原発を壊すことはまだあまり行われていない。これはNHKでやっていた。安全に力を注ぐあまり、壊すことを考えた設計にはなっていない。つまり手探り状態であるらしい。でお金がいくらかかるかわからない。
今の原発の電気には壊す費用は上乗せされていないらしいので(よく知らないが)安いらしいが、壊すときには高くなるのかな? 壊す費用は国民に負担ということになるのではないか。

2.放射性のごみはどうするのか。
 放射能にまみれたごみはやはり出るだろう。でも、それが安全になるには何百年も、いやそれ以上かかるという。それまで安全に保管する必要があるのだ。
深い地層に埋めてしまう方法があるが、それだって何百年後まで管理していくことができるのだろうか。もし、地殻変動が起きてしまったら? そのころには、なんのお金にもならないただの負の遺産である。原発はもう動いていないだろうし。
子孫に対し、私たちは大きなごみを残すのだ。
百年もたてば有効な対策が取れるだろろうと期待してはいけない。だって、ダムがそうだったのだから。
ダムが作られたころは、取りあえずだったそうな。蓄積するごみや砂などでダムは使えなくなるのだそうだが、それは後の技術に任せるという発想だったらしい。でも、100年過ぎても効果的な解決策はないという。
実際決壊する可能性のあるダム・砂防ダムなどはたくさんあり、決壊すると下流の住民に大きな被害が出る。被害が出てからでは遅すぎるのではないか。

これは、本当にクリーンエネルギーといえるのだろうか。
もし、それらの問題はすでに解決済みなら、それをきちんと報道すべきだと思うのだ。
解決されていないなら、それは問題提起されなければならないのではないか。
ただCO2を出さないこと、炭化エネルギーでないことだけでいい、クリーンだと思われてもいけないのではないかと。

安全で小さくできて、始末にこまらないのなら、鉄腕アトムのように、各家庭で小さな原子炉をもっていたっていいのだ。もし、そういう風になれば、夢の世界だけれども。







posted by まっちゃん at 08:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

英BP、原油被害補償で1.8兆円の拠出に合意



この数字が多いのか少ないのかわかりません。

ただ、環境が元に戻るには時間が必要です。

以前のニュースで、エビ漁の人が以前の原油被害でえびが戻ってくるまでに8年だとか言ってました。
今回は原油流出量が桁違いです。果たして時間をかけても同じ海に戻れるのでしょうか。

時間はお金にでは買えませんよねぇ。
果たして、どこまで補償できるものか。まぁ、時が流れれば、また新しい人が海で生きていくのだという気もしますが。





posted by まっちゃん at 10:06| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

オバマ大統領、原油流出事故は「環境問題の9.11」



悲惨な原油流失事故。環境における影響は大きなものがあります。

グリンピースなどの環境団体はどうしているのでしょうか。これこそ、人類が招いた環境破壊ではないでしょうか。
せっせと原油を回収しているのならまだいいのですが。
グリンピースやシーシェパードなどより、せっせとボランティアで原油を回収している人のほうが好感が持てます。

環境の911というのは、受け入れられるでしょう。それで大きくエネルギー政策が転換していくのでしょうね。
これで経済が刺激されていくのでしょう。日本も、マスコミは食べ物や安売り情報ばかり垂れ流さないで、環境技術や、原油流出などのことをもっと報道してほしいものです。
posted by まっちゃん at 10:09| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。