2014年01月22日

ゴジラと原子怪獣現る

先日、昔のビデオを見ていた。『原子怪獣現わる』というアメリカの昔の怪獣映画。1953年だから、ゴジラの前年ということになる。
ストーリーはゴジラと似ていて、北極だの水爆実験で目を覚まし、漁船などを壊しつつ、ニューヨークにやってきて未知の細菌をまき散らし、アイソトープ弾を受けて絶命する。
原作はレイ・ブラッドベリの『霧笛』。だが、原作のムードはみじんもない。霧笛は古代生物が、仲間の声のように聞こえる霧笛をしたって灯台に現れるという話で、古代生物の悲哀というものがとても感じられる作品だ。だが、映画は、ただのエンターティメントである。霧笛を連想させるシーンもあるし、どうしてニューヨークかといえばかっての生息地だったから仲間を求めてといえるのかもしれない。でも、やっぱり霧笛にはかなわない。
全体的には、科学者が死亡したりとか、ゴジラとの類似点もある。

それで今日はゴジラを見た。1954年版。ちょど今から60年前の映画だ。仕事しながらのチラ見だが。
昔は、夏休みになるとNHK教育テレビ等で繰り返し放送されたものだ。後に敵対する怪獣などが出てくるようになり正義の味方っぽくなってしまったが、初代のゴジラはまるで違う。
そして私も年をとって、見方がかなり変わった。
ゴジラとは戦争であり、災害であるのだなと思う。
破壊される街の中で、母親が子どもたちを抱きしめながら「もうすぐ、お父様のところに行くのよ」と子どもたちに言う。お父様は戦争で亡くなったのだろうか。
ゴジラに街を壊され、あまりの惨状に感情を失った子どもたちが描かれている。母親をなくして泣き叫ぶ幼い女の子がいる。
希望を失った人間が描かれている。私はゴジラを見て、初めて泣きそうになった。
それを救うのは、人間をも滅ぼしてしまいかねない化学兵器。
それを作った罪深さ故に、科学者はともに命を落とす。
ゴジラは、ただの怪獣映画ではないという由縁が感じられた。久しぶりに見てみるもんだね。

今年、アメリカでゴジラの新しい映画が撮影されている。以前のゴジラは「ジラ」と呼ばれて、ゴジラとは似ても似つかぬものだっだけれど、今度のは予告編を見る限り期待できそうな気がする。




posted by まっちゃん at 13:46| 福井 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

疑心暗鬼



結局のところ、いくつかの論評などを先入観を持たないで比較していくしか、隠された正しい情報を読み取るしかないのかもしれない。
マスコミは、自分の意図する方法に世論を誘導しようとする。第3社の中立な視点というものが、言論の自由や、そのたもろもろもろのパワーバランスによって変わっていく。

何でも反対する人達、あるいは2ちゃんねるを代表とするかのように言われているネットの住民たちの意見、それさえも、実はどこかで曲がった情報を流している可能性だってある。

注意深く見ていかなくてはならないのだが、そんな暇はないのが普通。
さてさて、じゃあどうすればいいのだろうか。
posted by まっちゃん at 10:22| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

最近の韓国系の記事を見ていて思うこと



昔は韓国という国は好きだったのだが、最近のニュースなどを見るにつけ嫌いになった。
中国もそうなのだが、言動が子供のようだ。まぁ、人間個人、1人ひとりはだれでも礼節を守ったり、いいところがあったりして好きになれるものだが、人間が集団になると不思議なものでとたんに融通がきかなくなる。国となるとさらに子供のようになってしまう。争いはダメだよ、仲良うしましょうとは幼稚園でも習うことなんだけれどね。それは韓国や中国だけではなく、どこの国だってそうなのだけれど。

韓国の正しいニュースがどこまで曲げられずに報道されているのかは知らない。また、日本の事がどれだけ曲げられずに報道されてているのかは知らない。国際外交のルールというもの、駆け引きというものがどういうものかは知らないが、飛び交ういろんなニュースか全て正しいとは限らない。それでも、最近の韓国系のニュースは眉をひそめてしまうものが多い。

こういう言葉がある。
身体が不自由な人は、時分が不自由なことを知っている。だが、心が不自由になると、自分は正しく、相手が間違っていると見えるようになる。これは、病気の話だが、最近の韓国・中国にも当てはまるかもしれない。もちろん、日本だって自分たちがそうならないように国民が気をつけるべきだし、正しい情報を発信していく努力も必要なのだろう。

正しい歴史認識をというなら、日本は敗戦国である。
戦争のために働き手を失った家もたくさんある。そして、片田舎の都市まで焼夷弾で燃やし尽くされた。
自分たちが生きるために、学生は校庭まで畑にし、たがやした。そして誰の目にも負けがわかっているのに原爆が落とされた。
日本は焼け野原だった。食べ物がなく、皆お腹をすかせていたし、学校では教科書を自分たちが書き写して作ったのだ。占領軍がやってきて、日本は負けたのだと誰もが知っていた。
その中から日本は復活した。高度成長期を迎え、戦後補償も中国や韓国を始めとした国々に行ってきた。円借款も行ってきた。
国際貢献も大きい。国連にどれだけ資金を出しているのか。様々な資金を提供してきた。
それは焼け跡の中からたくましく復興してきた、戦中戦後世代が必死に働いてきた血と汗ではなかったか。
そのころ、中国と韓国はどうして発展してこなかったのだろう?

漢字を捨て、文化を消し去ろうとした韓国の人達にとやかく言われる筋合いはない。戦争を知らない世代はただそう思う。
教科書から、昔の日本がやってきていたことを消し去ろうとしている人に、正しい歴史認識をと言われても、それはあなたたちのことではないのかと思ってしまう。過去に日本がやってきた事実がないのならば、あなた達は誰をどうして恨みに思うのか。不思議にさえ思うのだ。

大昔は、朝鮮半島を経て様々な文化が入って来たのは事実。機織りなどの技術や、仏教だって伝来したかもしれない。でも、それは歴史なのだ。日本はやがて半島を経由せずに、中国から直接学ぶことになる。
そして、それをベースに独特な文化を作り出す。
日本は、昔から同じ頃にとどまってはいないのだという気がする。
漢字は、やがて万葉仮名となり、日本の言葉にあったものに作り替えられる。それはもう独自なものだ。
今で言えばスパゲティは、イタリアが元だが「たらこスパゲティ」は日本から生まれた。たらこスパゲディはイタリア料理とイタリアは主張するだろうか。
ラーメンは、もともとは中華そば、支那そばと言われた。しかし、その時点で別物だったらしい。今のとんこつラーメンやみそラーメンが、中華料理と言えるのだろうか。これは新しい日本の味ではないのか?
ともあれ、朝鮮半島に日本が入った時、朝鮮半島はまだ未開の地のようだったという話も聞く。それが真実かはわからない。とにかく漢陽今のソウルは世界屈指の不衛生な都市だったらしい。まぁ、昔のロンドンやパリも、汚物を道に捨てていたから人のことは言えないが。
そして、オンドルと焼き畑のためら森は燃やし尽くされハゲ山ばかりだったという。そのため、表土が流れ、岩盤が出てきてしまうために農産物も取れなかったという。日本の統治時代に植林が行われるようになり、現在では回復しつつあるらしい。まぁ、実際のことはどうなのかはわからない。
ただ、何でもかんでも韓国起源で、韓国が優秀という論説には眉をしかめたくなる。そこに歴史はない。それほど何でもかんでも立派なら、どうして日本の統治時代なんてものがあったのか。それをないものにして教科書から消し去るというなら、歴史の改ざんであり、韓国が日本を目の敵にしたい理由も亡くなってしまう。
また、韓国起源説と同じ理屈なら、アフリカが人間の始まりはアフリカなんだから、全人類はアフリカ人だと言っても間違いではないことになってしまう。だからすべての起源はアフリカだと言いはるようなものだ。

まぁ、何でもかんでも文句をつけるのはどうかと思う。
恨みには恨みしか返ってこない。信頼をなくすのは一瞬だが、回復するには膨大な時間がかかる。
あまりにも反日をやりすぎてもいいことはない。
本当に日本が嫌いなら、黙って日本に頼らず、独自に行けばいい。ほんとうに、今の韓国のやり方は、行き過ぎている。そのうち、何をいっても日本では報道すらされなくなるような気さえする。騒がれているうちが華というか。

どうなんでしょうね。

posted by まっちゃん at 16:03| 福井 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

日本製の電脳メガネが発展しないわけ



以前、E社のインターネットに繋げるメガネを見せてもらったことがある。Xメンにでてくる、サイクロプスのゴーグルをもっと巨大にしたようなもので、開発中の試作品だとおもったら市販品だったのでびっくりした。
たしか開発者は、非常に性能の高いスクリーンを使うためにそういう形になったと言われたような気がする。それで映画でも見ればたしかに綺麗かもしれないが、そんなものをつけて街を歩こうとは誰も思わない。

グーグルグラスのプロモーションビデオがあったので、見てもらったのだが、そんな風にはならないと言われた。それはまだ願望にしか過ぎないだろうというような。

確かにグーグルグラスの解像度は低い。しかも右側にしかない。でも、E社のは欲しくないが、グーグルグラスのほうは売れそうな気がするのだ。
もちろん価格もあるだろうけれど、街のなかで付けて歩いても違和感もなく、普通に使えるだろう。歩いていて指を刺されることはまずない。

アニメの電脳メガネのようなものができたらやはりすごいだろうけれど、現実ではまだ無理だ。
それに近いのは日本製のものとグーグル・グラスとどっちだと言われたら、やはりグーグル・グラスなのだ。

性能は日本製だろう。技術の決勝を集めて作ったもので、性能は負けてないというはずだ。
でも、使い勝手が悪すぎる。


かって、コンピューターは一般の人は使えないものだった。コンピューター言語を知らなければ、無用の長物だった。でも、ここまで一般的になったのは、MS-DOSのおかげだろうし、Windows95が発売されたからだろう。安くて、誰でも使える。
使いやすさではマックのほうが使いやすかったが、なんせ高い。そして、マックはブラックボックスでなかなか素人は壊れたら直せなかった。
安くて、誰でも使えるということで、一般家庭まで広がっていく。Windows。そしてインターネット。だれでも使えるようになったから、広がったのだ。

同じようなことは電脳メガネにも言えるのではないか。
最初はしょぼくても、基本性能はどんどん上がっていくだろう。
スクリーンも薄くなり、カメラもスクリーンも左右になるだろうし、視力補正のメガネを使っている人も使えるようになるだろう。
そんなものは、バージョンアップしていけばいいのだ。
ワープロがパソコンに変わったように。ノートパソコンがタブレットに変わったように。必要な人はハイスペックなものを使うだろうし、必要ない人は3000円のタブレットで充分なのだ。

どうも、見ていると日本の製品は高性能を売りにしているが、日常が欠落しているような気がする。
くそ重い(実は重くないらしいが)メガネを掛けてどうしろというのだ。
グーグルグラスの開発は、もともとも日常での使い勝手を考えて出て来たものではないのか?
というか、日常で使うことを前提として考えたようなきがするのだ。

そのうちスクリーンの技術もセンサーの技術もたかくなり、声のコマンドでなんでも出来るようになるだろう。
壁や机に投影された(実際はメガネの中だけだが)のキーボードで、黙っていても入力もできるようになるだろう。
メガネを掛けあっていれば、同じ情報を同時手に見せることも出来るだろう。
広告は、何もない空間に展開させることができるようになるだろう。昔のアニメで見た、何もない空間に通信スクリーンが展開するというのも、出来るだろう。左右のスクリーンがあれば3Dのように、好きな位置にものを動かせるだろう。
今はまだグーグルグラスをかけての運転は許可されないだろうが、車の中にスクリーンと連動して、運転中に見てはならないものは車内のモニターに切り替わり、電脳メガネにはナビだけが反映、あるいは車のセンサーと結びつくことも出来るだろう。
仕事は家庭用のパソコンを使い、その画面そのものを、ノートパソコンや、タブレット、電脳メガネに移動できるようになるかもしれない。クラウドではなく、パーソナルデータをそのままスライドして持ち運べるようになるかもしれない。

いずれにしても、いまのスマートフォンが1週間以上電源が持ち、落としても尻のポケットに入れても壊れず、通信料が今の携帯の通信料より安くならなきゃダメなような気がするが。




posted by まっちゃん at 11:16| 福井 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

これで寿命が縮まるとしたら、中国はどうなるのかな



「今回の研究では、PM2.5の濃度が大気1立方メートル当たり5マイクログラム増えるごとに、早死リスクが7%増加していた。

さらに、EUの環境基準ではPM2.5の上限濃度を1立方メートル当たり25マイクログラムと定めているが、汚染度がこの基準値を大幅に下回る地域であっても、早死した人数は平常より多かった。」

なのだそうな。

以前東京に住んでいた時、イオン式の空気清浄機が、しばらくで真っ黒になったことに唖然としたことがある。バイクを使っていたのだが、バイクジャケットは、空気の流れに沿って黒くなっていたしなぁ。
田舎に戻ってから、同じ空気清浄機が全く汚れなくなった。近くに国道も走っているのだけれどね。

ちなみに、北京での空気清浄機のフィルターの写真をネットで見たことがある。4日目で黒くなり、15日目だと交換時期かと思うほどの汚れ。ちなみに室内でである。
この人達は、どうやって生きているのだろう。あと数年もしたら中国の主要都市は病人ばかりになるんじゃないか。あるいは、医療費が莫大にかかり国家財政を脅かすんじゃないのか。

不毛な争いや、人の悪口をいいあっているよりも、都市緑化デモしたらどうなのかね。軍事や争いばかりにお金をかけるより、国民の健康を守ったほうが、よほど良いことのように思えるのだけれど。
中国の誰かが言っていたけれど、「尖閣諸島とか魚釣島などのあんな石ころよりも、もっと大事なことがあるだろう」と。

posted by まっちゃん at 15:17| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

これはもう、しょうがないね。


…………………………………………………………………………………………………………

韓国「信用できない」7割、「賠償金支払うな」8割 産経・FNN世論調査
2013.11.18 12:15 [日韓関係]

 韓国で戦時中の韓国人徴用に対し、日本企業に賠償支払いを命ずる判決が相次いでいるが、産経新聞社とFNNの合同世論調査では、外交や経済活動の相手として「韓国は信頼できない」とする回答が7割近くに達した。

 賠償支払いについて、日本政府は、昭和40年の日韓国交正常化の際に結んだ日韓基本条約や請求権協定で解決済みとの立場で、韓国司法の判断については、日韓関係の冷却化の一因とされている。経団連など日本の経済団体は今月6日、両国の経済関係への悪影響を懸念する声明を発表した。

 調査結果によると、外交や経済活動の相手として信頼できないとする回答は69・3%で、信頼できるは16・8%だった。韓国司法の判断が「納得できない」は82・7%で、「納得できる」は5・6%。「賠償金を支払うべきではない」も79・2%に及んだ。

 一方、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野談話」を裏付ける公的資料が見つかっていないとして、談話見直しを求める声があることについては、「見直すべきだと思う」が55%で、「思わない」の27・5%を大きく上回った。

…………………………………………………………………………………………………………

戦争を知らない世代が社会の中心になっている現代。
今までに何もしていないならともかく、できることはやってきたわけでしょ。それで感謝されるならともかく、文句ばかりいい続けられてもねぇ。おまけに、何でもいちゃもんつけてくるし、普通の感覚では、そりゃ嫌われるよ。
おまけにとごかのおばさんみたいにあちこちで悪口を言い続けていてもね。
外交とは、まず話し合うべきなんじゃないかとも時刻のマスコミにも突かれる始末。
前向きに考えましょうと言ってくるならともかく。

おまけに中国からは「先進国だと勘違いしてんじゃないの? 数字的にはまだ途上国程度だよ」と言われるし、東南アジアの人達には「えらいと勘違いしてるんじゃないの」と言われてるし。
大人の外交がデキない点で、ちょっとダメな人じゃないかと思われても仕方がない。

私は別に嫌韓じゃなかったのですよ。韓国語も習ってみたいと思ったし、日韓ワールドカップの時は、本当に仲良くなればいいと思っていたし。
でも、さいきんのニュースだけを見ていても、どうかと思う。明らかに行き過ぎて、呆れてしまう。
仲良くデキないならしなきゃいいけど、それならせめて知らん顔しててほしいと思いますよ。

実際、町の人達はどこまで考えているかはわからない。どう思っているのかはよくわからない。でも反日教育してますしね。そう簡単には変わらないでしょうね。

おまけに日本は軍国主義なのだそうな。
どこに軍隊を作って、他国を侵略しましょうなんて言っている人がいるんだ?
どちらの国もマスコミに踊らされているだけかもしれないが、それでもこんなになるには理由があると思うよね。

posted by まっちゃん at 14:17| 福井 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

本当に心配スべきなのは経済ではなく環境かもしれない。



8歳の女の子が肺がんに?
私の父親も肺がんでなくなったのだけれど、タバコを長年吸っていたというだけで治療は諦めなくてはならないようなことを言われました。肺の細胞が弱っているのだと思います。

私は以前このブログで中国がかかえる問題点として、一人っ子政策による労働人口の変化、意識の欠如、賃金上昇、企業による環境汚染などを取り上げてきましたが、一番の問題がこういう環境汚染・公害なのかもしれません。
シャドーバンキングや、経済格差、少数民族問題がある程度解決していっても、公害などによる人のダメージは大きいかもしれません。
一番働かなくてはならない50代などは、そのストレスからか、中国沿岸部などの大都市では早死する人が多いそうです。社会基盤を支える人が早死する? そして貧富の差の分け隔てなく空気は人々を蝕んでいくのかもしれません。
もっともものすごいお金持ちは、いい空気を吸えるでしょうが、社会基盤を作っている人々が病んでいては、その座もどうなるのか。
プロのシンガーやスポーツ選手がにけだすような空気。まるでずっとタバコを吸い続けているような空気。中国政府もPM2.5が身体に影響をおよぼすことは認めています。生殖機能にも影響するといいます。
8歳の女の子が肺がんになるような空気。これで、未来はあるのでしょうか。

未来よりも今日の100円を追いかけることの虚しさを、日本の公害の歴史から学んでで欲しかったとも思います。
日本の公害もひどかったですが、それじゃ人々は早死しているのかと言われれば、よくわかりません。イギリスの霧は実はスモッグのことなんですが、それで早死して国が滅んだかと言われば、そうではありませんでした。
だから大丈夫とは言えない気もします。

いずれ医療費の増大としてつけは回ってくるでしょうし、なによりも大事な人を失う悲しみは何事にも代えがたいのではないかという気がします。



posted by まっちゃん at 12:57| 福井 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

アメリカの歌 / ポール・サイモン




アメリカの歌 / ポール・サイモン


僕はよく誤解され
たえず迷い
何度も見すてられ
しいたげられた
でもいい 平気だ
ただ疲れただけ
陽気にはなれない
故郷は遠い あまりに遠い

くじけぬ人間はいない
不安のない友はいない
砕けぬ夢
破れぬ夢なんてない
でもいい 平気だ
今日までやってきた
でもたどる道を思うと
考えてしまう
どこで間違ったのかと

死ぬ夢を見た
魂が僕の身をはなれ
僕を見おろして 微笑んだ
空飛ぶ夢
大空から僕の目は見た
自由の女神が沖へ出るのを
空飛ぶ夢

僕らはメイフラワー号に乗り
月へ飛ぶ船に乗り
この不安の世に アメリカの歌をうたう
でもいい 平気だ
幸運ばかりはない
明日はまた労働の日
だからしばしの休息を

************************************************************

なんかつかれた。
心にしみるな

posted by まっちゃん at 18:32| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

昔、Lカセットというのがありまして………



昔、Lカセットというものありまして、カセットテープよりは大きいけれど、音質は断然いいというものでした。オープンリールのテープレコーダーは使いにくいけれど、Lカセットならということで、宣伝されましたが全く売れず。
曲面、あるいは柔らかいスマホというものがどういうニーズによるものかわかりませんが、Lカセットを思い出してしまったのでした。

私は、スマートフォンの必要を感じてないので未だにガラケーです。それで充分。
小さいし、電池は持つし、最低限のメールとニュースとツイッターはできるし。FBもまあ、見れますし。
スマートフォンはでかすぎます。

私はスマートフォン自体が、発展途上のような気がしてます。
たとえば、よく見るサイトは自動で無料の状態の時にと読み込んでおく、さらに必要ならば電波を探してデータを取り入れることもできるとか、本体はフィチャーフォンくらいでも、通話・メール機能は別に取り外せる防水・耐ショックの子機があるとか、5インチくらいの丸めておけるスクリーンに情報投影させるとか。本体は、メールが読めて電話できる大きさがあればいいんです。それで1週間くらいは充電なしでいてほしい。
よく子供の漫画であるでしょう、ボタンを押すと、携帯の上にスクリーンが展開するの。
欲を言えば、ナデシコみたいに、空間にスクリーンを展開、センサーで、アプリを指差しで起動できるとか。

なんか、柔らかいスマートフォンができたところで、腕時計型携帯ができたところで(携帯が普及してから腕時計のシェアは落ちてませんか?)、電脳メガネができたところで、結局は今のインターネットのが基板であるだけですから、あまりすこ゜いとは感じないです。唯一電脳メガネはファッション性と機能が両立できれば、空間に擬似スクリーンを展開できるので可能性は高いようにも思うのですが。
ただし、5ミリ程度の高さでセンサー兼用のレンズを左右に配置して、既成のメガネに脱着できるものがあればと思いますが。



posted by まっちゃん at 10:45| 福井 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

人を思いやる心

北海道で土下座をさせたとして女が逮捕された。ツイッターに写真を投稿しているのだからどうしょうもない。
正しいと思っているのかどうかはわからない。
ただ、自分の快感のためにやったと言われても仕方がないではないか。

自分が人より優位に立つというのは快感ではあるだろう。でも、それは正しい快感なのだろうか。

最近、ツイッターでの不用意な写真により事件が起きている。
これは簡単に写真が取れるようになったからというような簡単な問題ではない。
むしろそうなったから問題が浮き上がってきたとさえ言える。

いずれも思うのは、人を思いやる心というものがかけているということだ。

しまむらで、買ったタオルに穴が開いていたというのは確かに不良品だろう。
でも、店員がすべての責任を負えるわけがない。

昔なら、「あなたが悪いわけではないんだろうけれども」と断ってクレームを入れていただろう。そういう人が多いと思う。
それをこちらの非にしてしまったらやはり怒るだろうけれども、そうではなく謝罪があったのなら、素直に交換して事なきを得るのだはないだろうか。

自分のことばかりで、人のことを考えない人達が、ツイッターでさらされているという気がする。
それは少数派なのだろうが、自分への戒めにしたいものだ。

自分の意見は大切だ。個性も大切。でも、それは他人を切り捨てていというのとはわけが違う。
人を思いやる心があるからこそ、日本は平和なのだ。
みんなで使う調味料がテーブルにあっても、安心して使えるのだ。
「他の人が使うだろう」そういう思いやりの心をみんなが持っているからこそ、日本の民度は高いのではなかったか。

江戸時代。警察に相当する部署の人数ははるかに少なかった。八丁堀というやつだ。もちろん手先がいて、岡っ引きも居る。でも、最大の特徴は、罪を犯したものが「神妙にしろ」というと、神妙になったことだ。
おとなしくお縄についたらしい。だからこそ、少人数でも治安は守れたらしい。

私達はどうだろうか。
人を思いやる心は忘れてはいないだろうか。




posted by まっちゃん at 15:45| 福井 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件に思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。